Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

2019年公開予定マーベル新作映画『キャプテン・マーベル』とはどんなヒーローなのか‼

キャプテン マーベル
2019年に公開予定のマーベルの新作映画『キャプテン・マーベル』は、「マーベル・シネマティック・ユニバース(M.C.U)」で初となる女性ヒーローを主役にした作品です。まだ明らかになっていない情報が多いのですが、ファンにとっては待ち遠しいですよね。そこで映画公開がされるまえに、『キャプテン・マーベル』とはどんなヒーローなのかを、コミックでの情報をもとに紹介します。

目次

  1. 女性ヒーロー「キャプテン・マーベル」とは?
  2. 「キャプテン・マーベル」というヒーローはひとりではなく、元々は男のヒーローだった。
  3. 「キャプテン・マーベル」の誕生は?
  4. 超エリートの人生を歩んでいたキャロル
  5. キャロルが超人的能力を身につけたきっかけは爆発事故
  6. 他のヒーローにも引けをとらないキャプテン・マーベルの超人的能力‼
  7. Ms.マーベルとなった彼女は、アベンジャーズに加入していた。
  8. キャロルがMs.マーベル(ミズ・マーベル)から「キャプテン・マーベル」となるまで
  9. まとめ

1.女性ヒーロー「キャプテン・マーベル」とは?

2019年に公開予定の映画『キャプテン・マーベル』の主人公であるキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバース。コミックでは、女性ながらマーベル・コミック最高峰のヒーローチーム「アべンジャーズ」に所属し、強さと美しさを兼ね備えた スーパーヒロインである彼女はどんなヒーローなのでしょう?そしてコミックではどんな活躍をしているのでしょう?

2.「キャプテン・マーベル」というヒーローはひとりではなく、元々は男のヒーローだった。

Ms.マーベル

「キャプテン・マーベル」と呼ばれるヒーローはひとりではなく、その名を継いだヒーローは何人かいます。実は今作の主人公であるキャロル・ダンバースは6代目「キャプテン・マーベル」なのである。ちなみに、彼女が「キャプテン・マーベル」と呼ばれるまえは、Ms.マーベル(ミズ・マーベル)と呼ばれていました。

次は「キャプテン・マーベル」の誕生について説明したいと思います。

 

3.「キャプテン・マーベル」の誕生は?

キャプテン・マーベル

元々は銀河三大列強種族の一つクリー帝国が地球に送り込んだスパイであった。クリーは地球の宇宙進出の進行度合いを測るために軍の大尉であった彼を送り込んだ。マー・ベルの上官ヨン・ログは彼の恋人ユーナを自分のものとするためにマー・ベルを殺そうとするが、誤ってケープ・カナヴェラルのミサイル施設の科学者、ウォルター・ロウスン博士を殺してしまう。博士と入れ替わってアメリカの航空宇宙科学の発展を間近に観察していた。

やがてNASAの保安主任であったキャロル・ダンバースに惹かれ恋に落ち、恋人同士となる。

その後ヒーローとして活動を続けていたが、クリーに改造されて自爆&再生能力を有したヴィランのニトロと戦闘。毒ガスの影響で悪性の癌を発症し病死する。

生前は特定のチームに加わることはなかった「キャプテン・マーベル」だが、死後アベンジャーズの名誉隊員になった。

「キャプテン・マーべル」という名前の由来は?「ファンタスティック・フォー」が倒し研究していたクリーのロボット、‟セントリー”が再起動し、マー・ベルがこれを倒してしまう。そのとき、‟セントリー”が発した「マー・ベル大尉(Captain Mar-Vell)」という言葉が、「キャプテン・マーべル」という名前の由来となりました。

 

初代「キャプテン・マーベル」マー・ルの遺伝子からタイタン人であるエリシウスを母体に息子ジェニスが生まれ、三代目キャプテン・マーベルとして後に活躍している。そして、ジェニスの妹も四代目キャプテン・マーベルとして活躍しました。

 

4.超エリートの人生を歩んでいたキャロル

今作『キャプテン・マーベル』の主人公であるキャロル・ダンバース。コミックでは、実は超キャリアウーマンだったのだ。空軍士官学校を卒業後、NASAでの勤務ののちデイリー・ビーグル(スパイダーマンであるピーター・パーカーも勤務する新聞社)で働き始めました。かつてCIAのエージェントとして働いていた事もあったらしい。

 

5.キャロルが超人的能力を身につけたきっかけは爆発事故

他のマーベルヒーローと同様、キャロルが超人的能力を身につけたのは偶然からでした。お互いに惹かれ合い、初代キャプテン・マーベルと恋人同士になったキャロル。その関係に気づいたクリーに改造されて自爆&再生能力を有したヴィランのニトロが、彼女を人質に取りキャプテン・マーベルに戦いを挑んだ。

この戦闘の中、ニトロが持っていた機械「サイケ・マグニトロン」が爆発し、彼女を救いに来たキャプテン・マーベルと共に爆発に巻き込まれます。その結果キャロルの体内にキャプテン・マーベルのDNAがキャロルの中に溶け込んでしまい、彼と同じ能力を持つようになったのでした。

 

6.他のヒーローにも引けをとらないキャプテン・マーベルの超人的能力‼

キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルから遺伝した超人的能力は女性ヒロインとはいえ、その能力は男性ヒーローに引けをとらない。超パワー・超感覚・飛行能力・超人的体力・手からビームを発するパワーなどの第七感という予知能力を備えている。 これらの能力はキャプテン・マーベルが本来持っていたものではなく、クリーに反逆した後クリーに捕えられ洗脳強化されて身につけたものである。またクリー人は地球の大気成分に体が合わず宇宙服を脱ぐと数分程度で死亡してしまうという弱点もある。 ちなみに、初登場時は磁力光線や破壊光線を発射する銃で戦っていた。  

Sponsored Link

 

7.Ms.マーベルとなった彼女は、アベンジャーズに加入していた。

Ms.マーベル

「キャプテン・マーベル」亡きあと、彼の意思を受け継ぎMs.マーベル(ミズ・マーベル)となって活躍をするキャロルは、後にアベンジャーズに加入し、X-MENやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでも活動しています。

アベンジャーズがブラザーフッドと戦った際に、まだヴィランだった頃のローグ(映画「X-MEN」に登場した触れると力を吸収してしまう女の子のミュータントです。)にパワー(飛行能力・超人的体力・怪力)を吸収され、昏睡状態に陥ってしまう。その後、バイナリィやウォーバードと改名して活動したり、アルコール中毒となったりするなど波乱の人生を送ってきた。

その後はアベンジャーズのメンバーとして実績を積み、キャプテン・アメリカに代わってリーダーを勤めるなど仲間から厚い信頼を得るヒーローへと成長している。

 

8.キャロルがMs.マーベル(ミズ・マーベル)から「キャプテン・マーベル」となるまで

Ms.マーベル

キャロルがMs.マーベル(ミズ・マーベル)を射止めるまでに、実は候補はほかにもいたのです。実はシャロン・ベンチュラやカーラ・ソフェンなど数人のスーパーヒロインがその名前を名乗っていました。 そして、キャプテン・アメリカの薦めもあり、初代キャプテン・マーベルの恋人だったキャロルが、「キャプテン・マーベル」の意思を受け継ぎ初代Ms.マーベル(ミズ・マーベル)と呼ばれるようになり、2012年に6代目「キャプテン・マーベル」と呼ばれることとなったのです。キャロルが「キャプテン・マーベル」となるまでにはこのような経緯があったのですね。

Ms.マーベル(ミズ・マーベル)と呼ばれるようになったきっかけは、1970年代当時のアメリカでフェミニズムが台頭してきたことによるもの。「ミス」でも「ミセス」でもなく「Ms(ミズ)」と呼ぶのにそれが表れていますよね。ちなみに、Ms.マーベルの名を継いだのはパキスタン系の女子高生カマラ・カーンに引き継がれた。

   

9.まとめ

「キャプテン・マーベル」がどんなヒーローなのかご理解いただけましたか?マーベルコミックでは女性ヒーローもたくさんいるなかで、「マーベル・シネマティック・ユニバース(M.C.U)」作品での女性ヒーロー主演の単独映画が公開となるのは、今作『キャプテン・マーベル』が初めてです。そして主人公キャロル・ダンバースには、すでに女優ブリー・ラーソンが演じることが発表されています。男性ヒーローにも引けを取らないパワーをもつ「キャプテン・マーベル」は、どんな展開のストーリーになるのか、そして主演のブリー・ラーソンがどんな「キャプテン・マーベル」を演じるのか、今までのマーベル作品にはない斬新な作品になること間違いないでしょう。そして、今後の「M.C.U」にどんな影響を与えてくれるのかに期待が膨らみ楽しみですね。マーベル新作映画『キャプテン・マーベル』は2019年公開予定です。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。 
ページトップへ戻る