Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ロバート・ダウニー・Jrがアイアンマンを辞める⁉マーベル・シネマティック・ユニバースから離れるタイミングを明かす。

ロバート・ダウニー・Jr/アイアンマン
アイアンマン役として知られるロバート・ダウニー・Jrは先日アイアンマン役の降板を示唆、去り際を見誤りたくない、必要とされているのでない限り「M.C.U」には留まりたくないと、マーベル・シネマティック・ユニバースから引退するタイミングについて言及した。

ロバート・ダウニー・Jrがアイアンマンを辞めるタイミングについて明かす。

アイアンマン

ロバート・ダウニー・Jrがマーベル・シネマティック・ユニバース(M.C.U)に初登場したのは、2008年に公開された『アイアンマン』からだ。そして現在、「M.C.U]第16作目となる『スパイダーマン/ホームカミング』のプロモーション中であるダウニー・jrは、19作目となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(原題)を撮影中でもある。10年もの間「M.C.U]を支えてきて52歳となった彼だが、先日豪ニュースサイト「ニューズ・コープ・オーストラリア」とのインタビューで、「M.C.U]から引退するタイミングについて言及した。

インタビューに応じたダウニー・jrは、2014年の『ジャッジ 裁かれる判事』を最後に「M.C.U]の作品以外には出演していないと述べている。つまり、その後の出演作とは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』そして今回の『ホームカミング』と、現在撮影中の『インフィニティ・ウォー』ということである。

ロバート・ダウニー・Jr

「巡り廻るというのかな。アベンジャーズの1作目が公開された時『これ以上の作品はできない、とりあえず観てくれ』なんてことを言ってたかも知れない。でも自分にはいつも人と機会の巡り会わせが大切でね。例えば(新作『アベンジャーズ』の監督、アンソニーとジョー)ルッソ兄弟のように憧れの人たちとかだね。

みんながこれは本当にハマリ役だと言ってくれる。毎回1からやり直すんだが、いつもしっかりできた礎の上でやり直している。ただ、もう1作、あと1作やると決めたばかりに、出演した(MCU映画の)最後の6~7作品でとんでもないミスをして失敗作にしたくない。みっともない姿になる前に身を引きたいんだ」

ダウニー・Jrは、「アベンジャーズ」の1作目がリリースされた時、「これ以上良くなることはないから、もう止めにしよう」と言ったことを明らかにしている。しかし、ダウニー・Jrにとっては、「人との出会いや機会が全て」だという。

アヴェンジャーズの3人

キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスはロバートのことをフランチャイズのリーダーと呼び、「最初の『アイアンマン』が成功していなければ、ここまで来られなかっただろう。ダウニーはこのファミリーの家長なのさ。みんなが尊敬してるよ」と話している。

エヴァンスの方でも、キャプテン・アメリカ役を降りるようなことをほのめかしていると話題になったが、後日『USA Today』紙に「ダウニーが役を降りるなんてまだまだ先の話だ。それにトニー・スターク役のダウニーを交代させるなんでできないよ。あの役を演じられるのは他に誰もいないね」と語っている。

まとめ

ダウニー・Jrは、8月11日公開の「スパイダーマン:ホームカミング」に加え、2018年5月4日に海外で公開される予定の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に出演する予定だ。『アベンジャーズ4(仮題)』は「M.C.U]第22作目となり、その他のプロジェクトも着々と進行している。そして今のところ、『アイアンマン4』については未定だが、ダウニー・Jrの発言は時とともに変化しており、2014年9月には「アイアンマン4」は作らないと発言していたが、去年には「もう1本できるような気がする」と話し降板する予定はないと言っている。ロバート・ダウニー・Jrはまだ華のあるうちにトニー・スターク役から降りることを視野に入れているということである。世間から忘れられ、「まだやってたの?」と思われないようにしたいらしい。「M.C.U]は、今非常に人気の高いシリーズなのですぐに降板するというわけではないが、ただ、ダウニー・Jrがいずれはやってくる降板の時期を考えているというのは現実的な話であり、それを非難することはできないだろう。

ページトップへ戻る