Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【アメコミファン必見】 DCコミック vs マーベルのヒーローが映画での共演が実現か⁉

DC vs MARVEL
マーベルとDCコミックファン必見のとんでもない情報が舞い込んできた。ついにマーベルとDCコミック両作品のヒーローが同じ作品で共演、しかも映画化されるかもしれないというのだ!

マーベルとDCコミック両作品のヒーローが共演

事情通の情報によると、すでにマーベルとDCコミックの幹部が、両作品のヒーローが共演する作品について話し合っているというのだ。いままで会社が違うことによって共演が不可能とされていたヒーロー同士の共演の可能性が、早ければ2022年には実現するかもしれないという。

もしその企画が実現したとすればキャプテンアメリカとバットマンが、アイアンマンとスーパーマンが、ソーとワンダーウーマンが、スパイダーマンとフラッシュの活躍が同じ映画作品のなかで見ることでき夢の共演である。

いちばんの障害となる映画会社同士の権利問題であるが、共演を実現するにあたり権利をクリアにする必要がある。そのあたりの話し合いはスムーズに進むのではないかと言われている。

Sponsored Link

漫画ではすでにマーベルとDCコミックは共演している

DC VERSUS MARVELアマルガム・コミックス

もともとマニアの間では「映画共演の可能性はまったくありえない話ではない」と言われていた。それもそのはず、かつてDCコミックとマーベルは「DC VERSUS MARVEL」や「アマルガム・コミックス」など、両社のヒーローを共演させる漫画作品を発表しており、絶大な支持を得ているのだ。

「DC VERSUS MARVEL」や「アマルガム・コミックス」では、スーパーマンとハルクが戦ったり、バットマンとキャプテンアメリカが戦うなど、漫画のなかでは夢の戦いが繰り広げられている。映画でDCコミックとマーベルのキャラクターの共演が実現してもおかしくない話なのである。

アメコミファンにとってはたまらない企画であり、映画化実現の可能性に注目していきたい。

ページトップへ戻る