Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「アベンジャーズ・インフィニティウォー」に登場するマーベル史上最強のヴィラン『サノス』について大紹介‼

サノス

M.C.U作品に度々登場するマーベル史上最強のヴィラン『サノス』というキャラクターをみなさんはご存じでしょうか。エンドロール後のオマケ映像や、「アベンジャーズ」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場したごっつええ感じなヴィランのことです。そのスーパーヴィラン『サノス』が2018年公開予定の「アベンジャーズ・インフィニティウォー」に登場します。

『サノス』はいままで映画化された人気のあるたくさんのマーベルキャラと並び、原作では40年以上の歴史ある人気ヴィランです。

マーベル映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース(M.C.U)」でのなかでは重要な役割を果たすことになるキャラクタ-のひとりの『サノス』ですが、今回はそのスーパーヴィラン『サノス』のルーツを探り、そこからM.C.Uでの活躍を探っていきたいと思います。

 

 目次

  1. 史上最強ヴィラン『サノス』とは?
  2. 原作でのサノスの活躍は?
  3. コミック「デッドプールVSサノス」とは?
  4. 宇宙の全てを支配する力を手にしたサノス‼そして「インフィニティ・ガントレット」とは?
  5. 「インフィニティ・ガントレット」のストーリー
  6. href=”#t3″>今後のマーベル・シネマティック・ユニバースでのサノスの存在は?
  7. まとめ

1.史上最強ヴィラン『サノス』とは?

「M.C.U」では威圧感のある登場で姿を見せている『サノス』ですが、原作である「マーベルコミック」でのデビュー作は、1973年2月に発表されたコミック「インビンシブル・アイアンマン」55号です。

高度な知性と技術をもつ土星の衛生・タイタンに、統治者「メンター」と「スイ・サン」との間に生まれるエターナルズという超人類の末裔。平和を愛するタイタン人だが、サノスは醜い容姿で生まれたせいか、幼少期から死と暴力に取りつかれて歪み成長し、いつしか虚無主義(ニヒリズム)に目覚め”死”を崇拝するようになる。そのなかで、宇宙最大の概念存在のひとつ死の神である「デス」に一目惚れする。(本来は性別の無い姿だが、サノスは女性としてみている)デスへの信仰心が強くなるサノスは、同胞にも牙を剥きやがて宇宙一危険な存在になっていきます。

2.原作でのサノスの活躍は?

デビュー作である「インビンシブル・アイアンマン」55号では、のちの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバーとなるドラックスもデビューしており、ドラックスも宇宙一危険な存在になったサノスの暴力の犠牲者の一人でした。

アイアンマンとドラックスの活躍により、サノスの最初の地球侵略は見事に挫かれますが、その後も宇宙と地球でヒーローに挑戦を続け、マーベルユニバース屈指のヴィラン(悪人)として世間に認知されていくのです。

サノス

原作でわかるサノスの意外なエピソード‼

宇宙一危険存在となったサノスであるが、なんと誕生日やクリスマスを必ず祝う優しいパパを演じる意外な一面もあるのだ。先日、新作が公開された「ガーディアンズ オブ ザ ギャラクシー」で活躍しているガモーラが、サノスの養女なのはみなさんもご存知でしょう。サノスはそのガモーラをただの人殺しマシーンにしないために、普通の子供たちと同じような生活が送れるように努めていました。そのため彼は彼女の誕生日を毎年祝います。それだけではなくクリスマスの時には、クリスマスツリーを飾り、サンタクロースからのプレゼントも用意する優しいパパでもあったのです。

そんな意外な一面を見せるサノスの原作コミックのなかには、サノスと”デップー”ことデットプールが主役のユニークな作品があります。

3.コミック「デッドプールVSサノス」とは?

マーベルユニバース屈指のヴィランであるサノスが、マーベルコミック屈指のお茶目なキャラクターであるデッドプールとのダブル主役のユニークな作品です。

サノス VS デッドプール

サノスは死神であるデスに一目惚れし、たくさんの愛情を注いでいた。いっぽうの、デッドプールはというと、死んでいる間にデスとけっこうイイ仲になっていたのだった。つまり、サノスとデッドプールのふたりはデスに縁があるのです。もちろん二人の仲は最悪デス。

そんな最悪の二人が、デスのピンチを救うべく手を組んだ活躍を描いたのが「デッドプールVSサノス」というわけです。ちなみに、サノスは自分が勝ち取れなかったデスの愛をデッドプールが獲得したことに嫉妬し、彼に死ぬことができない(デスに会えないようにする)呪いをかけています。(笑)

そんなユニークな一面を見せた作品もあったサノスですが、彼がマーベル史上最強のヴィランという強いインパクトを植え付けたのが、90年代のマーベルコミックを代表する作品の一つである「インフィニティ・ガントレット」でした。

4.宇宙の全てを支配する力を手にしたサノス‼そして「インフィニティ・ガントレット」とは?

サノス ガントレット

「インフィニティ・ガントレット」・・・それは、(魂)、(力)、(空間)、(現実)、(時間)、(精神)の6要素を宿した神秘の石「インフィニティストーン」の所有者は、宇宙の全ての支配者となれるのです。そして、この「インフィニティストーン」を入手したサノスが”インフィニティ・ガントレット”を装着し、全宇宙を巻き込む形で引き起こしたマーベルコミック史上かつてない規模の大事件を描いた作品が、1991年に発売されたコミック「インフィニティ・ガントレット」です。

5.コミック「インフィニティ・ガントレット」とは?

インフィニティ・ガントレット

7.「インフィニティ・ガントレット」のストーリー

土星の衛星タイタンで生まれたサノスは、宇宙一危険な存在になっていた。そんなサノスがついに6つのインフィニティ・ジェム(ストーン)を手中に収め、所有者に無限の力を与えるインフィニティ・ガントレットを作り上げた。

多元宇宙における最強の存在と化した彼は、愛する死の神「デス」の心を射止めるため、全宇宙に死と破壊をもたらし始める。 その暴挙を止めるべく、すべてのマーベル・ヒーローたちが立ち上がり、その力を結集してサノスに立ち向かう! 全宇宙の存亡を賭けた善と悪の一大決戦がここにはじまるのだった!

サノス インフィニティガントレット

全ては愛する死の神「デス」のために、サノスはガントレットを使って全宇宙に存在する生命体の半分を消去し、やがてその威力は神々の世界にまで及びました。 しかし、サノスの懸命な愛情表現も功を奏することはなく、その行為は極限までエスカレート、そして押し寄せるスーパーヒーロー軍団を叩き潰し、コズミックビーイングと呼ばれる宇宙規模の超存在さえ下したのです。

もはやサノスを阻むものは存在しないかに思えました。ですが、あるちっぽけな存在が、破滅に向かう事態に一石を投じることになるとは・・・この事件に関わる誰も想像していませんでした。

 1991年に発売されたコミック「インフィニティ・ガントレット」だが、このあとも、マーベルユニバースは続いていきます。あれから20年以上が経つ今でも、サノスは相変わらず凶悪なヴィランとして活躍し、読者たちのに人気を誇っています。

 

サノス

劇場版では2014年に公開された『アベンジャーズ』に初登場したサノスですが、彼の存在は「インフィニティストーン」と共に今後のMCUのストーリーにとって大きな驚異となるでしょう。

昨年公開の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で描かれたように、MCUにはこれまで「インフィニティ・ストーン」が登場し、全てのストーリーを繋ぐ鍵となってきました。

つまり、MCUはアベンジャーズをはじめとするヒーローのストーリーであると同時に、サノスのインフィニティ・ストーン探しのストーリーでもあったのです。

そして、はサノスの尖兵でした。

彼がチタウリやロナンを使い、さらには恐ろしいことにサノス自らストーンの入手に乗り出しました。何の目的でストーンを集めているのかは明らかにはなっていませんが、コミックの「インフィニティ・ガントレット」と同じようなストーリー展開になるのでしょうか?

サノス

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のラストで、サノスはガントレットを手にはめて「私の出番だ」と呟いてもいます。MCU史上最大の決戦。その序章はすでにはじまっているのかもしれませんね。

7.まとめ

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は先述した「インフィニティ・ガントレット」を原作にしています。そしてアベンジャーズのシリーズ第4作目は、当初第三弾『インフィニティ・ウォー』との二部作として『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー Part2』という仮のタイトルが付けられていましたが、後に変更。現時点でのタイトルやストーリーの内容は詳細不明となっていますが、ある記事によると『アベンジャーズ第4作(仮)』のタイトルが・・・『アベンジャーズ/インフィニティ・ガントレット』だと推測しているのだ。タイトルのガントレットとは何を意味するのか・・・?「インフィニティ・ガントレット」事件の発端となっているサノスの登場は必須のはず‼いずれせよ、サノスとアベンジャーズとの因縁の対決は、まさに究極の正義VS究極の悪の戦いといえるでしょう。

  今回も最後までお読みいただきありがとうございました。 【アベンジャーズ新作についての情報!】 「アベンジャーズ・インフィニティウォー」のストーリーや公開日!⇨「マーベル映画の世界観がスゴすぎる‼シネマティックユニバース特集 vol.3 特ダネ情報アリ‼」

スポンサードリンク

ページトップへ戻る