Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

『スパイダーマン ホームカミング』の予告が・・・あれっ「シビルウォー」⁉

スパイダーマン ホ―ムカミング
日本での8月11日からの公開が迫っている、マーベルコミックスの大人気ヒーロー、”スパイディ”ことスパイダーマンの新シリーズ『スパイダーマン ホームカミング』の最終予告が、おかしなことになっている。その予告編をよく見ると、あれっ?どこかで見たことのあるシーンが映り込んでいる⁉というわけで、今回はその最終予告編&海外版予告編を一挙に大公開します。

目次(h2)

  1. 新シリーズ『スパイダーマン ホームカミング』とは?
  2. 『スパイダーマン ホームカミング』の最終予告編
  3. スパイダーマンがなぜマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に?
  4. 新スパイダーマンは誰が演じるの?
  5.     
  6. ヒロインのメリー・ジェーンをはじめ、続々とキャストが公表!
  7. 同時に公開されたSony Pictures Entertainmentによるアメリカ版の予告編も公開‼
  8. まとめ

1.新シリーズ『スパイダーマン ホームカミング』とは?

今回の公開から新展開で開始する、スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン ホームカミング』ですが、ストーリーはハッキリと申しますと未だ謎です(笑)ですので、現時点で公開されている情報を紹介していきます。 そのまえに、今回のタイトルにもある『スパイダーマン ホームカミング』の最終予告編をご覧ください。「あれっ?」っと思うこと間違いなしの予告編です。

目次へ戻る

2.『スパイダーマン ホームカミング』の最終予告編

  予告編はいかがだったでしょうか?何やら見たことのあるシーンが、しかもスパイダーマンの自撮りで映り込んでいたのが一目瞭然でわかったのではないでしょうか?(笑)

目次へ戻る

3.スパイダーマンがなぜマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に?

今までの「スパイダーマン」の映画製作の権利というのはソニー・ピクチャーズがマーベルから保有していたため、ディズニー傘下でマーベル社が展開しているマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)には登場していませんでした。 しかしながら前シリーズの『アメイジング・スパイダーマン』(2012・2014)2作品の興行的失敗を受けたためか、その後ソニーとマーベルスタジオとの間にパートナーシップが締結、『シビルウォー』からスパイディがMCUに仲間入りしました!だからこそ今回のような「シビルウォー」の裏側を捉えたおもしろい予告編が実現したのです。

目次へ戻る

4.新スパイダーマンは誰が演じるの?

トム・ホランド新シリーズ『スパイダーマン ホームカミング』の主人公であるスパイダーマン/ピーター・パーカーを務めるのは、いち早く「シビルウォー/キャプテンアメリカ」にもスパイダーマン役で出演していた、若干21歳のトム・ホランド。1996年生まれ、イギリス出身の若手で『インポッシブル』『白鯨のいた海』などに出演しています。    
アイアンマンそして今作にはスパイダーマンのお目付け役?でアイアンマン役のロバート・ダウニー・jr.も登場します。「シビルウォー」では、スパイダーマンであることを隠していたトム演じるピーターをスカウトし、新たなスーツまで用意し一緒に戦ったふたりですが、今回はどんなやりとりがある                                              のでしょう。
そしてピーター・パーカーの育ての親、メイおばさんを演じるのはやはりこちらも『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも登場し出演していたマリサ・トメイ。原作のメイおばさんは白髪まじりのおばあさん、ですがマリサ・トメイによって原作とは全くイメージの違う、若々しいメイおばさんになり雰囲気がガラリと変わりました。

目次へ戻る

5.ヒロインのメリー・ジェーンをはじめ、続々とキャストが公表!

主人公のスパイダーマン、ピーター・パーカーの恋人であり、本作のヒロインであるメリー・ジェーン・ワトソンをディズニー・チャンネル「シェキラ!」で一躍有名となったアメリカ人女優ゼンデイヤが演じることを新たに公表しました。当初、ゼンデイヤはミシェルという名の女性を演じると発表されていましたが、アメリカ出身であるゼンデイヤは白人と黒人の混血であることから、オリジナルのメリー・ジェーンのイメージとは違くなるという議論が起こっています。 そして、ピーターの友人であるマニュエルという役には、『グランド・ブタペスト・ホテル』のベルボーイ役で注目されましたトニー・レヴォロリ。 また、2011年に公開された映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にもジム・モリタ役で出演していたアメリカ人俳優ケネス・チョイの出演も決定しており、まだ役名など詳細は発表されていませんが、ふたつのマーベル映画に異なる役柄で出演するというレアケースになるようです。 さいごに、『アイアンマン』シリーズで主人公トニー・スタークの運転手ハッピー・ホーガンを演じていた俳優ジョン・ファブローの本作への出演も決定。彼はまた『アイアンマン』シリーズでは製作スタッフとしても関わっていました。

目次へ戻る

6.同時に公開されたSony Pictures Entertainmentによるアメリカ版の予告編も公開‼

アイアンマンことトニーが用意したと思われるハイテクなスパイダーマンのスーツの映像や、スパイダーマンのマスクがHUDを表示するもので、数百通りのウェブ(蜘蛛の糸)を使った技が用意されている様子が映像からわかりますね。

目次へ戻る

まとめ

今回の新シリーズの「スパイダーマン」は、今までにないコミカルでユニークな一面と、まだストーリーが公開されていないので何とも言えませんが、予告編の自撮りをして話しかけている内容を見るからに「デッドプール」のような第四の壁を破りそうな(たとえば見ている観客に向かって話しかける)ヒーローになってほしい期待感があります。それと「シビルウォー」からM.C.Uに参加したのですが、「ホームカミング」の続編をもってM.C.Uから離脱することが濃厚のようで、もしそれが事実なら少し寂しい気もしますね。

『スパイダーマン ホームカミング』全米公開予定が2017年7月7日、日本での公開は8月11日の予定となります。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ページトップへ戻る