Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

上映時間が約100分⁉監督が語る、新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』はマーベル史上最短映画に!

マイティ・ソー バトルロイヤル
今年11月に公開予定の『マイティ・ソー』シリーズの第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』はの上映時間がおよそ100分のマーベル映画史上最短になるとメガホンを取ったタイカ・ワイティティ監督がColliderの取材で明かした! 本作は、クリス・ヘムズワース演じる主人公であるソーが、ケイト・ブランシェットが演じる史上最強の敵ヘラに、ソーの故郷であるアスガルドと最強の武器であるハンマー“ムジョルニア”を破壊され、そして捕らわれの身となったソーは宇宙の果てへと弾き飛ばされてしまう。行きついた遠く離れた星では、アベンジャーズで共に戦ったハルクと再会するのだった。そして「終末の日」をまえに最強の敵であるヘラに立ち向かう姿を描くストーリーである。今作の監督を務めたタイカ・ワイティティはColliderの取材に対し、「今のところ、100分くらいかな。とてもとても長い映画になる予定はないんだ。そういう映画のほうが良いと思うんだよね、そのほうが観客はもっと観たいって思うことだろう」と“作戦”を語り、「この映画は一気に動きだして、常に何かが起こっているんだ。終盤で観客はとても疲れ切っていると思うよ。それはものすごい旅路なんだ。だからこの映画を3時間になんてする必要はないと思ったよ」と語った。以前、マーベルスタジオの社長ケビン・ファイギ氏も「『マイティ・ソー バトルロイヤル』では物事が激変して、『アベンジャーズ』シリーズの第3弾である『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日より日本公開)に直接つながるんだ」と話していた。短い上映時間でもその内容はとても濃く『アベンジャーズ』新作への布石になるストーリーになるようだ。本作で劇的なことが起こり、本作とは対照的に、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2時間半超えの上映時間が予想されており、マーベル映画史上最長映画になるものとみられている。 上映時間が短いぶん、削除されたシーンもたくさんあるそうで、「(削除されたのは)すばらしいシーンなんだ。おかしくて、笑える瞬間を収めたもの……でもそれをいっぺんに詰め込むことはできない。まるで子犬のように愛らしいシーンでも殺さなくちゃいけなかったんだ。そうやっていくつかのシーンを手放したよ。でもそのシーンは存在しているから、人々はいずれ観ることができるようになるよ」とコメント。おそらく、ブルーレイなどの特典映像で削除されたシーンが観られるものと思われる。 『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日よりに日本公開される。

Sponsored Link

ページトップへ戻る